C型肝炎の治療についての論文

あけましておめでとうございます。

 

C型肝炎に対する治療はC型肝炎ウイルスを体内から排除することですが、10年ほど前までは治療が成功する確率は1型という治りにくい型のウイルスで50−60%程度でした。最近では治療薬が進歩し、1型と2型では95%以上治療が成功するようになりました。

日本人ではほとんどが1型か2型ですが、まれに3型の方がおられます。労災病院時代にも2人が通院されていました。治療薬が進歩しましたが、3型には比較的効きにくく、ウイルスの排除は80−90%程度に止まっていました。

今月のアメリカの肝臓学会誌『Hepatology』に3型に対する治療成績の論文が掲載されています。

 

対象:3型のC型肝炎ウイルスに感染した慢性肝炎または肝硬変患者

治療法:glecaprevir/pibrentasvir (商品名:マヴィレット)を12週間または16週間投与

結果:

治療歴あり・肝硬変なし・12週:91%

治療歴あり・肝硬変なし・16週:95%

治療歴なし・肝硬変あり・12週:98%

治療歴あり・肝硬変あり・16週:96%

 

 

3型に対する治療効果は良好な結果でした。この論文はマヴィレットの発売元であるアッヴィがサポートしているということ、著者のうち何人かがアッヴィから研究費をもらっているということがありますので少し割り引いて考える必要はあるかもしれません。

いずれにしても3型に対するインターフェロンを使用しない治療薬はマヴィレットしかありませんので、実際の臨床でもこの論文と同じような効果が出るのであれば使ってみたいと思います。

 

Hepatologyの論文を全文読むには普通は料金がかかるのですが、この論文は無料で読むことができます。アッヴィは太っ腹ですね。

2018年になりました

あけましておめでとうございます。

いとせクリニックは1月6日から新年の診療を始めました。今年もよろしくお願いいたします。

 

新年を迎えるにあたり、院内の飾り付けをクリスマス風から和風に変えてみました。

 

クリスマスツリー風門松

 

 

 

受付もお正月風です

 

カウンターの置物

 

 

壁には注連縄

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も早速内視鏡検査を受けられる方が来られました。

今年もお一人お一人と向き合いながら診療していきたいと思います。

 

インフルエンザワクチン終了のお知らせ

インフルエンザワクチンですが、ニュースなどでも言われていますように今年は供給が不足しています。

 

 

当院では現在予約されている方の分は確保していますが、それ以上の供給がない状態です。このため予約されている方以外のインフルエンザワクチンの受付を終了させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

脂肪肝とガン

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)とはアルコールを飲まないにもかかわらず、アルコール性脂肪肝に似た変化が肝臓に起こる疾患です。単なる脂肪肝だけのこともあれば、脂肪性肝炎という肝炎を起こし肝硬変に進展することもあります。”脂肪肝”という単語から連想されるように、この疾患はいわゆる”メタボリックシンドローム”が肝臓に表れたものとも考えることができます。このため治療としては食事療法や運動療法で体重を減らし、肝臓に脂肪がたまらないようにすることが中心となります。

そのNAFLDですが、肝硬変に進展すると肝臓ガンが合併しやすいことはよく知られています。ところが最近NAFLDは、肝臓ガンだけでなく他のガンにもかかりやすいかもしれないと報告されました。

Association between non-alcoholic fatty liver disease and cancer incidence rate

 

これによると、NAFLDでは男性で大腸ガンのリスクが2倍、女性で乳ガンのリスクが2倍程度であったとのことです。

肝臓だけでなく、他の臓器も注意して診療する必要があります。

 

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンが不足していると報道されていますが、現在当院では若干余裕があります。

インフルエンザの予防接種をご希望の方は、お早めにご連絡ください。

 

料金は

中学1年生以上65歳未満 3,500円

65歳以上 1,500円 (尼崎市の方のみ。他の市町村の方は各自治体へお問い合わせください)

小学生 1回 3,000円(2回接種)

です。

大腸内視鏡の先端キャップ

タイトルの”大腸内視鏡の先端キャップ”ですが、何のことかわからないと思います。このような形をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを内視鏡の先端に装着すると、こうなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのようなものを使うかといいますと、主に2つの理由があります。

まず内視鏡の挿入がやりやすくなります。先端から少し先に飛び出た部分で腸のヒダをめくることができるため、空気を入れずに内視鏡を進めていくことができます。そうすると患者さんの苦痛も少なく、内視鏡の時間も短縮できます。

2つ目は、観察がしやすくなり病変を見つけやすくなります。飛び出た部分で腸のヒダをめくりながら観察するので、ヒダの裏が観察しやすくなります。

最近このことを示した論文も発表されました。

Comparative Efficacy of Colonoscope Distal Attachment Devices in Increasing Rates of Adenoma Detection: A Network Meta-analysis

先端にキャップを装着するとポリープ(論文では腺腫となっています)の発見が1.1倍に増えるとのことです。

 

当院では大腸内視鏡検査の際、全例でキャップを装着して検査を行っています。検査についてはこちらをご参照ください>>