暑い日が続きます

こんにちは。

今年の夏は地震で始まり、大雨が続き、雨がやんだと思ったら連日の猛暑が待っていました。

これだけ暑いと体調を崩される方も多いと思います。

 

暑い時期の体調を崩す原因の代表は、やはり熱中症です。日本救急医学会の熱中症分類2015にも

『暑熱環境に居る、あるいは居た後の体調不良はすべて熱中症の可能性がある。』

と書かれています。

熱中症が起こりやすい環境として、高温以外に湿度が高い、風が弱いなどがあります。

高齢者では屋内で発症する熱中症が多く、この場合日常生活の中で徐々に進行し、周囲の人に気づかれにくく対応が遅れる危険があります。特に高齢の女性、独り暮らし、高血圧・糖尿病・認知症などを持っている人が重症化しやすいと言われています。

ですから特に高齢の方はエアコンを使用することが大切です。

また水分、塩分の補給も重要です。

飲み物の種類としては、塩分と水分が適切に配合された経口補水液が適切とされていますが、市販のスポーツドリンクでも予防にはなります。

梅昆布茶や味噌汁などもミネラル、塩分が含まれており、予防に有効と考えられています。

水1リットルに1-2グラムの食塩と砂糖大さじ2-4杯を入れたものを家庭で作ってもよいでしょう。味が物足りなければレモン汁を入れると飲みやすくなります。

 

予防していても次のような症状が出たら熱中症の可能性があります。

  1. 顔のほてり、めまい
  2. 筋肉痛や筋肉のけいれん(こむらがえり)
  3. 汗のかきかたがおかしい。
  4. 体温が高い、皮膚の異常
  5. 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  6. 自分で水分補給ができない

このような症状がある場合はすぐに医療機関を受診してください。また症状が重い時は迷わず救急車を呼びましょう。

 

まだまだ暑い日が続きますが、体調に気をつけてお過ごしください。

ワールドカップ

サッカーのワールドカップが盛り上がっています。

日本も決勝トーナメント進出が決まり、どこまで勝ち進むか楽しみです。

 

ワールドカップと言えば2015年のラグビーワールドカップも日本代表の健闘が光りました。

あの南アフリカを破るという大金星。

当時その偉業を他の分野でたとえるというのが少しはやりました。

 

これは釣りに例えてます。釣りはよくわからないのでたとえが合っているのかわかりません。

 

これは格闘技ですね。なんとなくわかるような。

 

 

ドラゴンボールシリーズはわかりやすいです。とりあえずフリーザが強いことがよくわかります。

 

 

ガンダムもわかりやすいです。

 

ということで、とにかくすごいことでした。

 

サッカーの次の試合は日本時間の深夜にあるので、観戦すると診療に差しつかえてしまいます。

ですので南アフリカ戦の時と同じように、起きたら勝ってたというのを期待しようと思います。

夏季休診のお知らせ

平成30年8月11日(土)から平成30年8月16日(木)まで休診とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

定期的なお薬がなくなりそうな方は、足りなくならないよう早めに受診をお願いいたします。

クリニック周りに田んぼが多い理由は?

6月になりました。

大阪や神戸まで電車で30分もかからない都会にありながら、クリニックの周りには田んぼや畑が残っています。

田んぼには水が張られていて、もうすぐ田植えが始まるようです。

このあたりに田んぼが多いのは、”武庫之荘”という名前のためだと思っていました。

つまり、”荘”がついているのは昔このあたりが荘園だったからで、その名残で田んぼが多いのだと。

で、調べてみました。

 

このブログによると

 

”武庫之荘という名称は、平安時代の摂

関家藤原・九条氏領を経て、奈良春日社・興福寺
領となった武庫庄(荘)の荘園に由来するものでなく、単に各所の住宅開発地で名付けら
れた○○荘や××園などによる

ものである”

 

とのことで、武庫之荘は荘園でなかったと早とちりしそうになります。

しかしよく読むと、”武庫之荘”という名称が荘園由来でつけられたわけではないと書いてありますが”武庫庄”という荘園はあったと考えられます。

 

そこでwikipediaを調べてみました。武庫之荘あたりは昔『武庫村』と呼ばれていたようです。

その『武庫村』は

 

常吉村・常松村・時友村(飛地を除く)・友行村・東武庫村・西武庫村・生津村・西富松村・守部村・西昆陽村(飛地を除く)・武庫庄村・川辺寺本村(飛地)の区域をもって発足”

 

とあります。

ここに”武庫庄”という地名が出てきました。

“武庫庄”で検索すると、このサイトにたどり着きました。

これによると、武庫之荘本町1丁目付近に武庫城という城があり、その付近は鎌倉時代には荘園があったとのことです。

この荘園が”武庫庄”ということになるかと思われます。

 

なお、武庫之荘という地名は小林一三さんが命名されたとのこと(wikipediaより)

 

以上より

やはり武庫之荘本町周辺には荘園があったようです。

クリニックの周りの田んぼが鎌倉時代から続いていると考えると、ロマンを感じますね。

時間のある時に散歩して、昔の名残を探してみようと思います。

机がすっきりしました

ゴールデンウイークに入り、今日から4連休です。

 

診察室の机にはモニターが3台あります。

真ん中と右のモニターが電子カルテ用で、左が内視鏡や超音波の画像を見るためのものです。

コンピューター2台(電子カルテ用、画像用)に対して、モニターを3台置いている状態です。

2台のコンピューターそれぞれにキーボードとマウスが必要なため、写真のように机の上がかなりごちゃごちゃしていました。

これを改善したいと思っていろいろと調べたところ、とてもいいものを見つけました。

 

一つのキーボード、一つのマウスで2台のコンピューターを操作することができます。

そのうえ、電子カルテで入力した所見をコピーして、コンピューターをまたいで内視鏡の方に貼り付けることもできます。

机の上もすっきりして、言うことなしです。

キーボードを打っているとたまに入力先を間違えますが、慣れればそれもなくなるでしょう。

 

これで診療のスピードもあがり待ち時間も短くなればもう完璧です。

 

ヨーロッパ肝臓学会

毎年4月にヨーロッパで肝臓学会(EASL)が開催されます。

秋のアメリカ肝臓学会と並んで肝臓の世界では2大イベントです。

今年のEASLは4月11日から15日までフランスのパリで開催されました。

EASLのウェブサイトによると日本からは159人が参加されたようです。

 

学会で発表された内容の主なものをまとめているサイトがありますので、それを見るとどのようなことが世界で話題になっているかを知ることができます。

 

C型肝炎ではエレルサ・グラジナやマヴィレットの発売後の結果、ウイルス排除後の発がんに関する検討、肝硬変患者に投与しウイルス排除した後の肝機能に与える影響などが主な話題のようです。

 

B型肝炎では新しい抗ウイルス治療薬の基礎的なデータや臨床試験のデータが発表されています。

 

NGM282という薬の臨床試験の演題もいくつかあります。

この薬はFGF19という人間の体の中にある物質に近い構造を持ちます。

肝臓の脂肪を減らすのが主な作用で非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者の脂肪肝に対して使用する臨床試験が行われており、今回12週間の治療で肝臓の脂肪が減っているという結果が発表されています。

この薬剤には脂肪を減らす作用だけでなく線維化を改善する作用もあるようで、原発性硬化性胆管炎(PSC)に対しても臨床試験が行われています。

PSCは胆管に炎症が生じその周囲に線維化が起こり、最終的に肝硬変となる病気です。

現在有効な治療はなく、肝移植が必要となります。

PSC患者にNGM282を12週間投与すると線維化の指標に改善の傾向が見られました。

長期間投与することで実際に線維化が改善すれば、PSCの治療薬として非常に意義があるものと思われます。

 

以上簡単に読んだだけの感想ですが、開業してからのわずか半年の間にも新たな話題がでてきており、置いて行かれないようにしたいと思います。

ゴールデンウィーク中の診察・検査について

ゴールデンウィーク中の診察・検査はカレンダー通りに行います。

 

4月28日(土):午前診察(8:30〜11:30)、予約検査(13:00〜15:00)を行います。16:00からの午後診はありません。

4月29日(日)30日(月):休診

5月1日(火)2日(水):通常診療

5月3日(木)4日(金)5日(土)6日(日):休診

5月7日(月)〜:通常診療

 

*通常診療は以下の時間帯です。

午前診:8:30〜11:30

予約検査:13:00〜15:00

午後診:16:00〜19:00

 

よろしくお願いいたします。

最近便秘が話題です|その2

前回、便秘診療についてのガイドラインがでたことをお知らせしました。

今回は便秘が最近話題ということのもう一つの理由である、新しい薬についてお話します。

 

便秘に対する治療薬には以下のようなものがあります。

  • プロバイオテクス
  • 膨張性下剤
  • 浸透圧性下剤
  • 刺激性下剤
  • 上皮機能変容薬
  • 消化管運動賦活薬
  • 漢方薬

この中で、これまでは浸透圧性下剤である酸化マグネシウムや刺激性下剤であるセンノシドが主に使用されてきました。

2012年に上皮機能変容薬であるアミティーザが登場しました。

上皮機能変容薬とは聞きなれない言葉ですが、上皮とは大腸の粘膜の表面にある細胞の集まりのことですのでその働きを変えることにより便秘を解消する薬ということになります。

具体的には、大腸の上皮細胞からの水分の分泌を増やすことで便を出やすくします。副作用としては下痢、吐き気、嘔吐などがあります。下剤の副作用で下痢ということは、効果がありすぎるということですね。

 

今年、もう一つの上皮機能変容薬であるグーフィスが発売となります。

これは小腸の細胞に存在する胆汁酸を吸収する分子の働きを抑えることで、胆汁酸が腸から吸収される量が減り大腸に入る量が多くなります。

大腸に入った胆汁酸は水分を分泌させ、さらに消化管運動を促進させるため下剤としての効果が現れます。

 

このように便秘に対して使える薬が増えてきましたので、よりきめ細かい治療ができるようになります。