ホームページ作成その3

いとせクリニック開院まで2ヶ月を切りました。

 

今回は久しぶりにホームページ作成についてです。

公開してしまった後に言うのもなんですが、こつこつ作っているといろいろなトラブルが発生します。

例を挙げると…

  1. モバイル表示にするとレイアウトが崩れる。
  2. モバイル表示にするとtop barが表示されないが、横向きにするとなぜか表示される。
  3. スライドショーの画像が大きすぎてメインのコンテンツが目立たない。
  4. 文字と画像のバランスがうまいこといかない。

その他にもいろいろあります。

試行錯誤していろいろいじってます。

その結果…

トップページのスライドショーは止めにしました。レイアウトもなんとか調整してみました。

 

内装工事が完成したら写真も載せたいのですが、鑑賞に堪える写真を撮れるかわからないのでプロのカメラマンに依頼した方がいいのか考え中です。

 

検索結果

7月1日にウェブサイトを公開しました。7月11日現在、”いとせクリニック”で検索するとトップに出てくるのは”糸瀬正通歯科医院”という福岡県の歯科です。なんの関係もないようですが、実はこの歯科医院の院長は僕の叔父になります。福岡県でもう30年以上歯科医院を営み地域に貢献している姿は、見習いたいと思っています。
10月の開業までには当院が検索結果のトップにくるよう、ウェブサイトを充実させていきます。

フォント

以前の投稿で日本語のフォントを変えられないと嘆いていましたが、使用しているサーバー会社が新たにwordpressでモリサワのwebフォントを使えるサービスを始めました。

早速そのフォントを使うためのプラグインを導入し、いろいろといじってみたところなかなかいい感じになりました。サイトの雰囲気も幾分柔らかくなったように思います。

これでフォント問題は解決です。

ホームページ作成その2

The7にはいくつかのテンプレートがあり、それを利用して自分なりのウェブサイトを作ることができます。

 

クリニック用のテンプレートもあったのでそれを流用することにしました。クリニック用といっても、全て英語で書いてあり、アメリカかどこかの国のクリニック用に作られたもののため、結局1から作るような形になってしまいました。

wordpress自体は日本語に対応しているのですが、The7が全く日本語に対応しておらず、日本語のフォントもほぼ選べない状態です。wordpressでフォントを追加する方法を検索したところいくつかヒットしましたが、素人には手を出してはいけない領域のようでしたので、結局フォントはデフォルトのままとなりました。なのでこのウェブサイトのフォントが綺麗でないのにはそういう理由があります。

ホームページ作成その1

最近は多くのクリニックがウェブサイト、いわゆるホームページを持っています。いつも何気なく見ているホームページですが、道具さえあれば自分でも作れそうな気がします。というわけで思い切って自作してみることにしました。

まずは情報収集です。無料で作成できるというサービスがいくつかありますし、業者に頼めば数万円から数十万円かかるうえに月々料金がかかります。お金はあまりかけたくないので無料で作成できるサービスにまず登録してみました。基本ブラウザで操作しながら作るのですが、無料なだけに機能が制限されています。あまり好きなようには作れない印象です。いろいろ調べると、wordpressというものを使うといいものが作れるらしいということがわかりました。

まず『WordPressサイト作成塾』という本を購入しました。これに従いサーバーを契約し、独自ドメイン(itoseclinic.com)を取得しました。The7というテンプレートがオススメということだったので、これを購入しました。

これで準備が整いました。ここからホームページ作成の長く試行錯誤の旅が始まるのでした。