大腸ポリープとは

大腸ポリープとは、大腸の粘膜の一部がいぼのように盛り上がったものをいいます。大腸ポリープは「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」の2種類に分けられます。

腫瘍性ポリープには良性(腺腫)と悪性(がん)があります。

非腫瘍性ポリープには過形成性ポリープ、炎症性ポリープ、過誤腫性ポリープなどがあります。

これらのうち、大腸がんの原因となるのは「腺腫」です。腺腫を切除することで将来がんになることを予防することができます。

症状

ほとんどの場合、大腸ポリープによる症状はありません。ある程度の大きさのポリープになると出血し、血便を認めることがあります。

症状がないため、大腸がん検診を受けることが大切です。大腸がん検診は便に血液が混じっていないかを調べる検査です。大腸がん検診が陽性となり精密検査を受けた場合、大腸がんがなくても、ポリープが見つかることがよくあります。

家族の中に大腸がんや大腸ポリープと診断された方がいる場合も検査を受けた方がいいと考えられます。

検査

肛門から内視鏡を入れて大腸を観察する「大腸内視鏡検査」で大腸ポリープを見つけることができます。内視鏡検査ではポリープの場所、形、大きさを直接見ることができ、さらにその場でポリープを切除することで治療も可能です。進行がんなど切除できないポリープに対しては、組織検査を行います。

肛門からバリウムを大腸に注入してレントゲン撮影する「注腸X線検査」でも大腸ポリープの有無はある程度わかりますが、病変の組織検査ができなかったり、X線の被曝の問題があります。

治療

大腸ポリープは内視鏡的に切除することで治療します。内視鏡的切除の方法にはいくつかの種類があります。

  • ポリペクトミー
  • 粘膜切除術(EMR)
  • 粘膜下層剥離術(ESD)

ポリペクトミー

ポリペクトミーとはポリープの根元付近にスネアと呼ばれる金属の輪をかけて締めることでポリープを切除する方法です。切除する際に電気を流す場合と流さない場合があり、後者を特に「コールドポリペクトミー」と呼びます。コールドポリペクトミーは出血や腸管穿孔のリスクが低い比較的安全な方法です。

粘膜切除術(EMR)

粘膜切除術(EMR)は平坦なポリープを切除する際に用いられる方法です。ポリープの下の粘膜内に生理食塩水などを注入し、粘膜を膨らませます。膨らんだ部分をスネアで締め付け電気を流して切除します。

粘膜下層剥離術(ESD)

粘膜下層剥離術(ESD)は、サイズが大きく平坦なポリープを切除する際に用いられる方法です。ポリープの下の粘膜に生理食塩水などを注入し粘膜を膨らませます。膨らんだ粘膜を少しずつはがすように切除していきます。この方法は当院では行っていませんので、必要な場合は施行可能な施設へ紹介しています。