風疹について

風疹は、発熱と発疹、リンパ節の腫れを特徴とする病気です。風疹ウイルスの感染によって発症します。

妊娠20週までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんに感染して先天性風疹症候群を発症し心臓病や難聴、白内障などが起こることがあります。

このためワクチンを接種し風疹ウイルスに感染しないようにすることが重要です。

ワクチンは現在は男女ともに1歳と6歳で接種するようになっていますが、以前は中学生の女子のみに接種していた時もありました。

このため風疹ウイルスに対する抗体の保有率は男性の30代(73~84%)、40代(81~86%)では、女性(97~98%)と比較して低い結果となっています。

最近厚生労働省が風疹の追加的対策として、1962年~1979年の間に生まれた男性を対象にまず風疹抗体の有無を検査し、抗体が不十分な方にはワクチンを接種するという事業を開始しました。

対象者にはクーポンが送られてきますので、これを持って医療機関を受診すれば無料で検査が受けられます。

 

当院でもすでに数人の方がクーポンを持参し受診されました。幸いみなさん抗体をしっかり持っておられたので、ワクチンまで必要ではありませんでした。

風疹から、あなた自身と周りの人を守るために、クーポンが送られてきた方は是非検査を受けましょう。