完結しました

ブログの投稿がしばらく滞っていました。

なぜかと言いますと、寒い時期で風邪やインフルエンザの流行で忙しく、記事を書く余裕がなかったということもありますが、何より読書に時間を割いていたことが一番の理由です。

前々回の記事で紹介した、『天冥の標』シリーズがついに完結したため、これを読むのに忙しかったのです。

天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1』が12月に発売され、その後1月にpart2、2月にpart3が発売されました。

1回読み終わった後、次の卷が出る前におさらいのためにもう一度読んだり、以前の話しを確認のた

めに読み直したりと、忙しい毎日でした。

 

画像は作者がtwitterに投稿した全巻の表紙です。

 

完結して、改めて凄い物語だと思います。

SFというと単に宇宙で異星人と戦争するという単純な話しを想像しがちですが、『天冥の標』はそれだけでなく、病気、差別、自己と他者、共生など様々なテーマが織り込まれています。

またこの話しでは羊が大きな役割を果たします。そういえば村上春樹の『羊をめぐる冒険』でも不思議な力を持つ羊が登場していました。

またキリスト教やユダヤ教では、信徒のことが羊飼いに導かれる羊に例えられます。

そう考えると羊という動物は文化的に面白い存在だと思います。

 

『天冥の標』シリーズは是非映像化してほしいと思いますが、映画何本分になるんでしょうか。

参考にまでに、ハリーポッターが原作7巻で最初の『賢者の石』の映画が公開されたのが2001年、最後の『死の秘宝part2』は8本目となり公開されたのが2011年でした。

なのでもし『天冥の標』が映画化されるとすると、15本くらいで15年くらいかかりそうです。アニメならもう少し短い期間で済むかもしれません。

 

完結してしまって寂しい気もしますが、ブログの投稿に差し支えない程度に1巻から読み直そうと思います。

待ちに待った日

こんにちは。

僕(院長)は本を読むのが好きです。

自宅近くに図書館があるので面白そうなものがあると借りて読んでいます。

ジャンルとしては小説が多く、中でもここ数年、SFものを好んで読んでいるように思います。

SFはシリーズものが多く、10卷以上になる大作もちらほらあります。

一番のおすすめは、小川一水の『天冥の標』シリーズです。

このシリーズは これまで第1卷から9卷まで出ています。一つの卷が2-3冊からなる場合もあるので、9卷までで合計14冊です。

最後の卷、『天冥の標IX ヒトであるヒトとないヒトと PART2』が出たのが2016年の10月でした。

その時、第10卷は2018年刊行予定!とあったので、今年に入ってから毎月10日頃になるとハヤカワオンラインを開いて翌月の新刊情報を確認していましたが、全く出る気配はありませんでした。

それが11月、ついに天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1』12月19日発売予定というお知らせが。。。

2018年最後の月にようやく発売となりました。しかも3ヶ月連続刊行とのこと。

これまで2年以上待ちましたが、これから3ヶ月は至福の時が過ごせそうです。

 

話の内容は、スケールが大きすぎてここでは説明できません。

とにかく面白いです。

この物語の進行をリアルタイムで体験できるのはとても幸せです。