遠隔病理診断

いとせクリニックです。

最近では情報通信技術の発達により、医療の現場でも新たなシステムが登場してきています。当院では、血液検査の結果をネットワーク経由で確認することができます。またクラウド型電子カルテを利用しているクリニックも多くなってきています。

今回はこのような新しい技術についてのお知らせです。

 

総務省事業「医師対医師の遠隔医療の普及促進にかかる調査研究」衛生検査所を介した医療機関連携による遠隔病理診断モデルの実証調査当院参加のお知らせ

当院では内視鏡検査を行なっていますが、その際に生検し病理検査に提出することがあります。生検を受けられた場合、病理検査を行いその結果が得られるまでに通常2週間程度の日数がかかっております。この度、病理検査の迅速化と効率化を目的として総務省の研究事業が開始されることになりました。この研究では情報通信技術(ICT)を利用した「遠隔病理診断ネットワーク」と呼ばれる仕組みを利用します。病理検査に関する情報を電子化し、高い機密性と追跡可能性を担保した仕組みの中で医師同士が直接各種情報をやり取りすることによって、搬送工程を省き迅速に対応でき、結果の待ち時間を短縮させようとするものです。

当院は、この研究に参加することと致しました。現在、当院で生検を行った場合、それを衛生検査所に送り標本作製をしてもらい、次に病理医のところへ搬送、診断後病理検査報告書が一旦衛生検査所へ返送された後、当院まで届けられるようになっています。2020年1月から3月末までの約2か月間の研究期間中は、(1)今まで通りの方法で病理検査報告書を入手するとともに、(2)衛生検査所で標本が作製されるとそれを電子画像とし、遠隔病理診断ネットワークでやり取りする方法を並行して行うことになります。従って、この研究期間中も、生検を受けられた患者さんにとりましてはなんら変わることなく病理検査を受けることができます。本調査研究で、前述のネットワークの有用性が証明され、利用されるようになりますと、迅速かつ密な医師対医師のコミュニケーションが図られ質の高い医療情報が得られることになります。

今回、研究のために測定しますのは、ほとんどが当診療所と衛生検査所、病理診断施設の間の検体の搬送を含めた各作業工程の所要時間で、患者さんの医療情報は研究対象とはなっておりません。研究で得られる時間測定、省力化、経費削減の評価結果は、本事業の報告、専門の学会や学術集会で発表されることはありますが、患者さんが特定される情報が外部に公表されることは一切ありません。

生検を行なった方には改めて説明し、ご協力をお願いしております。

何卒よろしくお願いいたします。

コロナウイルス

中国で発生した新型コロナウイルス感染症が日本でも拡がり始めています。

先日開催された尼崎市医師会主催の「新型コロナウイルス勉強会」に参加したので、そこで学んだ内容をお知らせします。

今回の新型コロナウイルス感染症の名称がcoronavirus disease 2019から頭文字をとって、COVID-19と決まりました。

COVID-19の潜伏期間は3-7日で最長は14日です。発熱と咳、呼吸困難が多く見られます。下痢や筋肉痛が見られることもあります。症状からはインフルエンザや風邪と区別することはできません。

COVID-19で重症化した人の多くが高齢者や心臓病、肺の病気、糖尿病を持っている人でした。

重症化するのは発症後1週間たってからが多いため、発熱・咳などの発症後1週間で症状が改善しない場合は要注意です。

致死率は2.18%とSARS9.6%、MARS34.4%に比べ高くはありません。

感染しても軽症や無症状の方が多くいると思われます。

現在COVID-19に対する治療薬はありません。このため軽症例にウイルス検査を行う必要性は少ないと考えられています。

一般的にできる感染対策としては咳エチケット・手指消毒を徹底することです。大事なことは、パニックにならずに「いつもと同じ風邪ならいつもと同じ風邪のように行動する」ことだと思います。

役に立つウェブサイト

厚生労働省FORTH https://www.forth.go.jp/index.html

新型コロナウイルス感染症まとめサイト http://akkie.mods.jp/2019-nCoV/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

世界の流行状況 https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

 

 

2020年

新しい年となり、1ヶ月半が経ちました。細々としたことに気を取られて、ブログの更新が滞ってしまいました。

 

昨年末から年始にかけては金沢に滞在していました。

学会では行ったことがありますが、ゆっくり過ごすのは初めてでした。

滞在中は天候に恵まれず、兼六園観光も雨の中でした。地元の人によると例年なら雨ではなく雪が降るそうですが、雨でも十分寒くて暖かい場所を探しては休憩していました。

金沢はとにかく金箔が名物らしく、金箔ソフトクリーム、金箔貼の茶室など、とりあえず何でも金箔をつければいいだろうという感じがありました

少し足を伸ばして白川郷、五箇山方面にも行ってきました。

白川郷も雨でした。合掌造りの家屋は写真では有名ですが、実物は初めて見ました。豪雪地帯ではこのような急勾配な屋根が合理的で、空いた空間を養蚕にも使用できることが、この様式の建物が広がった要因なんでしょうね。

五箇山に到着する頃には雨が雪に変わっていました。あっという間に雪が積もり一面雪景色となって、豪雪地帯の片鱗を見ました。

旅行先では,「この街で過ごす学生生活はどんな感じだろう?」とか「この街で生活するなら、買い物はどこで、休みの日はあそこで過ごして…」などと想像することが多いのですが、金沢は古い町並みの残る歴史のある都市で、コンパクトにまとまっており生活しやすそうでした。

また天気のいい時季に訪れてみたい街です。

年があけて関西に帰ってきたら、暖かさを実感しました。

 

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

受付・事務募集

いとせクリニックでは現在受付・事務の方を募集しています。

勤務時間は午前8:15〜11:45、木曜と日曜祝日は休診です。週2-3回、土曜日は月2回ほど入れる方を募集しています。
ダブルワークも可です。
お気軽にお問い合わせください。
TEL: 06-6438-1107
応募フォームからもご応募いただけます

ロボット手術

先日、関西労災病院で開催された『阪神がんカンファレンス』に参加してきました。

今回のテーマは「ロボット手術」です。

ロボットと言っても、人間の形をした何かがお腹を切ったり内臓を取り出したりするわけではありません。

患者さんの体に揷入されたロボットの腕と外科医が操作する装置が連動しており、体外からの操作で体の中の手術が可能となっています。

現在、ダ・ヴィンチという機種が世界中で使われています。

体の中はカメラで観察しますが、視野もかなり自由に変えることができます。またロボットの腕の先端は人間の手よりも自由な角度で動かすことができるため、より精密な作業が可能です。

ロボット手術のメリットは

  • 傷が小さい、出血量が少ない
  • 視野拡大と緻密な作業が可能となる
  • 神経や血管を温存することができ、特に直腸や前立腺の手術の後の尿失禁や性機能障害を軽減することができる

などがあります。

現在は胃がん、直腸がん、前立腺がんなどでロボット手術が行われていますが、今後は膵がんについても保険適用となるようです。

悪性疾患だけでなく、良性疾患でも応用できそうな気がします。

 

実際にダ・ヴィンチを操作させてもらいました。

画面の左の方にある手術台の上の機械を動かしています。動かしている様子が中央のモニターに写っています。

直感的に動かすことができました。ゲームセンターにこういうゲームがあってもおかしくないですね。

 

今後ダ・ヴィンチの特許が切れると、他の会社から様々な装置が発売されるそうです。

そうなるとますます発展していくことでしょう。

年末年始の診療について

今年も早いものでもう12月です。

年末年始の診療についてお知らせします。

 

12月26日(木) 休診

12月27日(金) 通常通り診療

12月28日(土) 午前のみ診療

12月29日(日)〜1月5日(日) 休診

1月6日(月) 〜 通常通り診療

 

以上です。よろしくお願いいたします。

JDDW2019その2

JDDWその2です。

23日は祝日だったので朝から参加することができました。

この日の目的は、ワークショップ「我が国に置ける腸管感染症治療の現状と展望」を聴くことです。

印象に残った話を紹介します。

  1. 久留米の施設からのキャンピロバクター腸炎の診断と治療についての報告。潰瘍性大腸炎との鑑別が重要。回盲弁上のびらんが特徴。組織学的には好中球浸潤、陰窩膿瘍が見られることがある。治療はマクロライド系が効く。セフェム系は効かない。
  2. C.difficile感染症に対する便移植の報告。上気道炎に対する抗生物質使用後に重症のC.diffilile感染症を発症した症例に便移植を行ったところ著効した。風邪に安易に抗生物質を処方するのが怖くなりました。
  3. 腸管スピロヘータの検討。潰瘍性大腸炎との鑑別が必要な場合がある。ポリープの原因となることがあり、スピロヘータに対する治療を行うとポリープが縮小した例がある。
  4. HIV感染者に見られるサイトメガロウイルス感染症についての検討。サイトメガロウイルスによる腸管病変は打ち抜き潰瘍が特徴だが、HIVでも打ち抜き潰瘍となることがある。まずはサイトメガロウイルスの治療を行い、その後HIVに対する治療を開始する。先にHIVの治療を行うとIRIS (immune reconstitution inflammatory syndrome)が起こり、潰瘍からの出血や穿孔の原因となることがある。IRISとは、HIV治療によりHIVのウイルス量が減少し免疫が回復するために潰瘍が悪化する状態。de novo B型肝炎に少し似ているような。
  5. インフルエンザによる腸管感染についての検討。インフルエンザの時に急性胃腸炎症状が出ることがあるが、インフルエンザウイルスが腸管に感染しうるかについての報告。ウイルス自体は胃液で簡単に不活化されるが、喀痰など粘液で包まれていると不活化されにくくなり腸管にたどり着くことができるとのこと。インフルエンザ発症後1ヶ月近く便にウイルスが検出された症例もあった。

この中には以前同じ病院で働いていた後輩が発表した演題もありました。発表も、質疑応答の受け答えも立派にこなしていて、成長を感じました。

 

 

聴診器

看護師募集

いとせクリニックでは、現在パートの看護師さんを募集しています。

診察の介助、一般的な内科の検査(採血、心電図、健診など)と内視鏡検査の介助が主な業務です。

週2-3回の勤務をお願いします。

ダブルワークも可能です。

 

採用情報のページのフォームからご応募いただくか、クリニックに直接ご連絡ください(TEL 06-6438-1107)。

 

お気軽にお問い合わせください。

JDDW2019その1

今年も神戸でJDDWが11月21日から24日の日程で開催されています。

クリニックの診療がない21日の午後と23日に参加してきました。

 

21日は非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)・非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の演題を聴きました。

NASHに対する治療薬はまだ開発中の段階であり、肝炎を抑えることができても線維化を改善することができる薬はありません。このため創薬が大きな課題です。

糖尿病を合併している方には、糖尿病治療薬であるSGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬が効果を認めるとの発表もありましたが、糖尿病を合併していない場合には結局生活習慣改善、血圧やコレステロールのコントロールが重要との話でした。

NASHは様々な要素が病態に関わっているため、一つの薬で解決することは難しそうです。

NASHは線維化の進行が予後に大きく関わってきますが、線維化の診断には簡便なFib-4 indexが有効です。

そのほか、MRIを用いた検討もありました。肝生検やフィブロスキャンと異なり、肝臓の広い範囲を評価することができます。

まだ一般的な検査ではありませんが、もし多くの施設で検査できるようになっても全てのNASH症例に行うことは非現実的と思われますので、Fib-4 indexなどで高リスク症例を絞り込んだ上で行うのが良いと感じました。

画像検査では炎症と線維化の双方を評価することが難しかったのですが、これについても画像的に評価する方法が開発されつつあるようです。

C型肝炎が治療できるようになったので、NASHもいつかは克服できる日が来ると信じています。

 

ところでこの日、とても懐かしい人に再会しました。

大学のラグビー部で僕と同じポジションの先輩だった方です。

最後にお会いしたのは25年前、愛知県の明治村でこの方の結婚式でした。

大学卒業後名古屋で研修しその後留学されたため、大阪の人達とはほとんど連絡されておらず行方不明扱いされていたとのことです。

現在は某製薬会社に勤務されており、頂いた名刺には執行役員との肩書が。

とても偉い方になっておられました。

お互い近況報告したり、久しぶりの再会に盛り上がりました。

 

夜は以前勤めていた病院のOB会に参加しました。

ここでも懐かしい人達と会うことができました。

芸術の秋

いとせクリニックです。10月も半ばを過ぎ、めっきり涼しくなりました。

ラグビーワールドカップも非常に盛り上がっていますが、今日は芸術の話です。

 

10月12日から兵庫県立美術館で、「富野由悠季の世界」という展覧会が開催されています。

我々の世代は子供の頃からアニメを見て育ってきました。中でも「機動戦士ガンダム」は1979年の作品ですが、この作品の偉大さについては説明の必要はないと思います。

いまだに関連作品が発表されたり、実物大の動く模型が作られたりと、その人気は衰えることがありません。

そのガンダムの監督を勤めたのが富野由悠季さんです。ガンダムの他にも、「聖戦士ダンバイン」「戦闘メカ ザブングル」「重戦機 エルガイム」など、僕が子供の頃に親しんだ作品を数多く作られています。

その富野由悠季さんの展覧会が神戸で開かれているのに、見に行かないわけにはいきません。

ということで、懐かしい作品や貴重な資料が見られるのを楽しみに早速行ってきました。

 

富野さんが鉄腕アトムにも関わっており、演出した本数が最も多いということは初めて知りました。

ガンダムだけでなく他の作品もそうですが、企画書も一部展示されていました。企画書では、物語の背景をしっかり作り込んでいる様子が伺えました。これによりその世界で生きるキャラクターの行動に、必然性が生まれてくるように思います。

画面の構成一つ一つからしっかりと考えられているというのも、新たな発見でした。

展示を見て「聖戦士ダンバイン」も久しぶりに思い出しました。これは現代世界に生きる主人公が異世界に召喚されて活躍するという話でした。

最近異世界転生ものが流行しているということを聞きますが、ダンバインはその元祖と言ってもいいのかもしれません。

最近の作品についてはよく知らないものもありましたが、とても懐かしく中学生時代を思い出しました。

 

会場には懐かしいロボットが展示されています。

 

 

 

 

 

美術館の周りには、様々な作品が展示されていました。

これもそのひとつです。一体なんなんでしょう?