引き渡し

内装工事がほぼ完了し、物件の引き渡しを受けました。

内装は非常にきれいに仕上げていただきました。壁紙もいい雰囲気です。

何も置いていない状態だと広く感じますが、これから医療機器や家具、備品などが運び込まれると狭く感じるようになるかもしれません。

 

壁設置

内装工事も着々と進行しています。

壁が貼られて、各部屋の形がはっきりわかるようになってきました。

 

 

待合室から受付を見た図

 

 

内視鏡室

 

 

入り口のガラスも入りました。

 

壁ができることで、思ったより広く感じる場所と狭く感じる場所がありました。

 

お盆の間は工事も休みです。

 

床上げ完了

いとせクリニックの内装工事は着々と進行しています。

 

床上げが完成し、大まかな区切りもできました。各部屋の大きさが実感できます。

医療機器メーカーの方にも来ていただき、部屋のサイズが問題ないか確認してもらいました。狭いから設置できませんと言われても困るのですが、無事にOKが出ました。

 

 

ここは胃カメラや大腸カメラを行う内視鏡室です。外壁が未完成のため、外の道路が見えます。

コンセント、LANケーブルの位置も確認しました。

 

 

工事開始から2週間足らずでここまで進むとは想像以上のスピードです。

 

内装工事

いよいよ内装工事が始まりました。

職人さん達は猛暑の中、着々と仕事を進めてくださっています。

 

 

壁もない状態から、まずは壁の枠が設置されました。

 

枠だけだと鉄格子みたいです。

 

 

配管工事も始まりました。トイレの数が多いため、配管は重要です。

 

完成が楽しみです。

墨出し確認

今日は現地で墨出し確認を行いました。

工務店さんが設計図に基づき、壁の位置にテープを貼ってくれています。レイアウトが実際の物件に反映された状態です。

各部屋が思ったより小さい印象でしたが、設計士さんによると地面に貼ったテープだけだと狭く感じるとのこと。次に壁を作った状態になるともう少し広く感じるようになるそうです。

 

わかりにくいですが、これは内視鏡装置と検査用ベッド。

 

これは受付です。