大腸内視鏡検査で大腸がんを減らせるの?

大腸内視鏡検査行うことによって大腸がんのリスクを減らすことが可能なのでしょうか。

最近イギリスの医学雑誌に発表された論文では大腸内視鏡検査を行うことで大腸がんによる死亡を減らすことが示されました。

Doubeni CACorley DAQuinn VP, et al
Effectiveness of screening colonoscopy in reducing the risk of death from right and left colon cancer: a large community-based study

 

アメリカの民間保険に加入している1,800,000人以上の患者データを使った研究です。1,800,000人のうち大腸がんで死亡した人が1,747人存在しました。その人たちと年齢、性別、人種、教育歴などが一致するように大腸がんにかからなかった人3,460人を抽出し、大腸がんで死亡した人と比較しました。

結果ですが

内視鏡検査あり/なしのオッズが

 大腸がん患者  24/1,358

 非がん患者   120/2,310

ですので、オッズ比が約0.34となり(論文では調整が入るためか0.33となっています)、内視鏡検査をうけることによって大腸がんで死亡する確率を67%減らすことができるというものです。

 

非常に多数の患者さんのデータから集計していますので、信頼性は高いのではないかと思われます。

一人でも大腸がんの方が減るように、内視鏡検査を受けていただきたいと思います。

大腸内視鏡の先端キャップ

タイトルの”大腸内視鏡の先端キャップ”ですが、何のことかわからないと思います。このような形をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを内視鏡の先端に装着すると、こうなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのようなものを使うかといいますと、主に2つの理由があります。

まず内視鏡の挿入がやりやすくなります。先端から少し先に飛び出た部分で腸のヒダをめくることができるため、空気を入れずに内視鏡を進めていくことができます。そうすると患者さんの苦痛も少なく、内視鏡の時間も短縮できます。

2つ目は、観察がしやすくなり病変を見つけやすくなります。飛び出た部分で腸のヒダをめくりながら観察するので、ヒダの裏が観察しやすくなります。

最近このことを示した論文も発表されました。

Comparative Efficacy of Colonoscope Distal Attachment Devices in Increasing Rates of Adenoma Detection: A Network Meta-analysis

先端にキャップを装着するとポリープ(論文では腺腫となっています)の発見が1.1倍に増えるとのことです。

 

当院では大腸内視鏡検査の際、全例でキャップを装着して検査を行っています。検査についてはこちらをご参照ください>>