ピロリ菌とは?

胃の中は胃酸という強い酸性の環境にあるため細菌は生息できないと言われていましたが、1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルにより胃の粘膜に感染する細菌が発見されました。これがヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)です。

その発見以降、ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関っていることが明らかにされてきました。

ピロリ菌は子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜に炎症が起こります。しかしこの時点では、症状のない場合がほとんどです。

ピロリ菌の検査

ピロリ菌を見つける検査には大きく分けて内視鏡を使わない方法と、内視鏡を使う方法があります。

内視鏡を使わない検査

内視鏡を使わない検査のメリットは何より、内視鏡検査を受けずに検査が可能であるということです。

尿素呼気試験

診断薬を服用する前と後の呼気を集めて診断します。簡単に行えて精度の高い診断法で、主流の検査法のひとつです。検査前は絶食にする必要があります。

抗体検査

ピロリ菌に感染すると、血中にピロリ菌に対する抗体ができます。血中や尿中の抗体を測定することで感染の有無を調べることができます。

便中抗原検査

糞便中に存在するピロリ菌の抗原を検出する方法です。

内視鏡を使う検査

内視鏡を使う検査法は、胃粘膜の一部を採取して診断します。内視鏡検査を行う際に同時にできるメリットがあります。たまたまピロリ菌が存在しない部位を採取した場合、本来陽性であるが、間違って陰性と判定してしまう(偽陰性)ことがあります。

迅速ウレアーゼ試験 (rapid urease test, RUT)

ピロリ菌が持っているウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。採取した粘膜を特殊な反応液に添加し、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。

組織鏡検法

実際に粘膜内にピロリ菌が存在するかを顕微鏡で観察する方法です。

培養法

胃の粘膜を採取してすりつぶし、それをピロリ菌の発育環境下で培養して判定します。ピロリ菌の増殖は緩徐なので、結果が出るまで5−7日間かかります。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌は除菌することで、胃の中から排除することができます。ピロリ菌を除菌することで、ピロリ菌が原因となって引き起こされる病気を防ぐことができます。

ピロリ菌の除菌治療が保険適用となるのは以下の場合です。

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
胃潰瘍または十二指腸潰瘍
胃MALTリンパ腫
特発性血小板減少性紫斑病
早期胃がんに対する内視鏡的治療後

一次除菌

胃酸を抑える薬1種類と菌を殺す抗生物質2種類の合計3つの薬を1週間内服します。3つの薬がセットになった製剤が発売されています。

ボノサップ(ボノプラザン・アモキシシリン・クラリスロマイシンの合剤)
ランサップ(ランソプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシンの合剤)
ラベキュア(ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシンの合剤)

二次除菌

一次除菌でピロリ菌を排除できなかった場合、二次除菌を行います。一次除菌に使用したクラリスロマイシンの代わりに、フラジールを使用します。二次除菌にも合剤があります。

ボノピオン(ボノプラザン・アモキシシリン・フラジールの合剤)
ランピオン(ランソプラゾール・アモキシシリン・フラジールの合剤)
ラベファイン(ラベプラゾール・アモキシシリン・フラジールの合剤)

除菌療法の注意点

確実にピロリ菌を除菌するために、指示された薬は必ず服用する必要があります
途中で服用を中止すると、治療薬が効きにくくなる耐性をもったピロリ菌が出現することがあります
また二次除菌療法の間は、アルコールの摂取を避けてください。

除菌療法の副作用

除菌療法の主な副作用には以下のようなものがあります。

軟便、下痢
便がゆるくなったり、下痢を起こしたりすることがあります。
味覚異常
食べ物の味をおかしいと感じたり、にが味や金属のような味を感じたりすることがあります。
肝機能障害
肝臓の機能を表す検査値(ASTやALT)が変動することがあります。
アレルギー反応
発疹やかゆみがあらわれることがあります。
また除菌後に胸焼けなど、逆流性食道炎の症状が出る場合があります。