C型肝炎の治療についての論文

あけましておめでとうございます。

 

C型肝炎に対する治療はC型肝炎ウイルスを体内から排除することですが、10年ほど前までは治療が成功する確率は1型という治りにくい型のウイルスで50−60%程度でした。最近では治療薬が進歩し、1型と2型では95%以上治療が成功するようになりました。

日本人ではほとんどが1型か2型ですが、まれに3型の方がおられます。労災病院時代にも2人が通院されていました。治療薬が進歩しましたが、3型には比較的効きにくく、ウイルスの排除は80−90%程度に止まっていました。

今月のアメリカの肝臓学会誌『Hepatology』に3型に対する治療成績の論文が掲載されています。

 

対象:3型のC型肝炎ウイルスに感染した慢性肝炎または肝硬変患者

治療法:glecaprevir/pibrentasvir (商品名:マヴィレット)を12週間または16週間投与

結果:

治療歴あり・肝硬変なし・12週:91%

治療歴あり・肝硬変なし・16週:95%

治療歴なし・肝硬変あり・12週:98%

治療歴あり・肝硬変あり・16週:96%

 

 

3型に対する治療効果は良好な結果でした。この論文はマヴィレットの発売元であるアッヴィがサポートしているということ、著者のうち何人かがアッヴィから研究費をもらっているということがありますので少し割り引いて考える必要はあるかもしれません。

いずれにしても3型に対するインターフェロンを使用しない治療薬はマヴィレットしかありませんので、実際の臨床でもこの論文と同じような効果が出るのであれば使ってみたいと思います。

 

Hepatologyの論文を全文読むには普通は料金がかかるのですが、この論文は無料で読むことができます。アッヴィは太っ腹ですね。